最新情報

おすすめ情報
プレイヤーの皆様へ
スタッフブログ
walkalong
交通道路情報
名義書換受付中
ご予約専用電話

プレーヤーの皆様へのお願い

より楽しいクラブライフのために

桂ヶ丘カントリークラブでは、伝統や格式に偏った堅苦しさではなく、洗練された心やすらぐ雰囲気と新しい時代に合ったクラブライフを満喫していただきたいという思いから更なるマナー向上を目指して運営してまいりたいと考えています。

マナー・エチケットの基本は、次の3点です。クラブをより良くしていただくために、下記の趣旨をご理解のうえ、率先垂範して実行してくださることをお願いいたします。
  • お互いに挨拶・会釈を
    クラブ内では、お互いに気軽に気持ちよく笑顔で挨拶や会釈を交わすようにしましょう。そうすることで、その瞬間が、その一日が清々しいものになると思います。
  • 心くばりと思いやりを
    他の会員ゲストに対する「心くばり」や「思いやり」を持って、爽やかな服装や行動をし、またスピーディーなプレー、そしてボールマークやディボット跡、バンカーのショット跡に修復を心掛けましょう。
  • 先ず安全の確認を
    楽しく一日を過ごしていただくためには、何より安全にプレーすることが大事です。自分自身の安全はもとより、他のプレーヤーに危険を及ぼさないよう最大限の注意を払いましょう。

マナー・エチケットの基本

服装について

他の人たちに不快感や違和感を与えるような服装、あるいは見苦しく刺激的な服装は控えてください。 カジュアルとは、決して「ラフ」ということではありません。常識・良識と他の人への敬意を持って、T.P.O.をわきまえた身だしなみ、爽やかな服装をしていだたくことを望みます。

来場に際して

ジーンズや短パン、Tシャツ、サンダル、スニーカーでのご来場は原則として、ご遠慮ください。

プレーに際して

上衣は襟のあるシャツ、あるいは襟と認められるようなタートルネックのシャツで、袖が過度に短くないものをご着用ください。

シャツの裾は、外に出してよいようにデザインされた適度な長さのもの以外は、ズボンやスカートの中に入れてください。

夏期の半ズボン(ただし、膝近くまであるもの)を着用の場合は、ハイソックスかショートソックスを着用してください。


マナー・エチケットについて

マナーやエチケットの基本は「心配り」と「思いやり」そして「常識」と「良識」を持ち、相手を尊重した行動をしていただくことです。

クラブハウス内

レストランやロビーでは、他の人の迷惑になる行為 (大声での会話や場所の占拠) をしないようにしてください。
コースからクラブハウス内に入る際には、エアガンで靴裏に着いた汚れを十分に落としてください。
携帯電話はマナーモードにするとともに、ご使用は他の人に迷惑はかからないところでお願いします。
クラブハウス内では、帽子はお取りください。

プレーに関して

キャンセルは早めにご連絡ください。

ティーグラウンドには、ティーショットをするプレーヤーのみが上がってください。但し、打球の行方を見るために、他のプレーヤーがティーグラウンドに上がる事が必要な場合においても、同伴プレーヤーのみにしてプレーヤーの後方に立つことはせず、また安全に注意してください。

スロープレーは、後続のプレーヤーすべてに迷惑をかけますので、スピ-ディーで安全なプレーを常に心がけてください。

ビギナーを同伴する場合、そのサポートに配慮し速やかなプレーが出来るように努めてください。

「ショットは慎重に、進行は迅速に」を心掛け、次打地点に向かうときは次のショットに必要と思われるクラブ2,3本を自分で持って行きましょう。

予備球は必ずポケットに入れてプレーを。

コース内で練習球(2ボール)などを打つことは、決してしないでください。


コースの保護

ティーショットにより傷つけたコースの芝は、プレーヤー自らが目土を入れる等して修復をしてください。

バンカー内には低いところから出入りし、自分が作った凹みやショット後の跡、足跡等はバンカーレーキで入念に埋め、均してください。


グリーンの保護

プレーヤーが自分のショットで作ったボールマークは、グリーンフォークで必ず修複をしてください。

グリーン上で足を引きずったり、飛んだり跳ねたりすることは絶対にしないようにしましょう。


他のプレーヤーへの配慮

プレーヤーがティーグラウンドでアドレス(プレーの態勢)に入っている時は、同伴プレーヤーはもちろん、後続の組のプレーヤーも動いたり、話をしたりするようなことはしないでください。

コース内で大声を上げたり、大きな拍手などをしたりして、他の組のプレーヤーに迷惑を掛けるようなことは絶対にしないでください。

プレー時の安全確認について

ゴルフをする時には、「安全が最優先」の意識をいつも持ってプレーしてください。他のプレーヤーの安全を脅かす行為は、最悪のマナー違反です。

プレーでのショット

先行の組には、絶対に打ち込みをしないでください。ショットは、先行の組が自分の打球の飛距離外に出たのを、必ずプレーヤー自身やキャディーが確認してから行ってください。

打球が、他のプレーヤーがいる方向はもちろん、いると思われる方向に飛んで危険を及ぼす可能性がある場合には、打った本人のみならず同伴プレーヤーも「フォアー(fore)」と大声を発して注意の喚起をしてください。
fore:前方のプレーヤーに「球が行くぞ!」と注意する掛け声。

万が一、意図せずボールを打ち込んでしまった場合には、直ちに駆けつけて礼儀正しく謝罪してください。 打ち込んだ後、「前の組が遅いから」などと開き直って謝罪しないなどは、メンバーとしての品位を損なう重大な 「会則違反」であることを銘記してください。

プレーヤーは自分の飛距離を充分に認識して、他の者(同伴プレーヤーやキャディー、フォアキャディー)の判 断に任せることなく慎重にショットしてください。


カートの運転について

カートの運転

カートの運転は、運転免許を取得している人が行い、安全運転に努めてください。
運転者は、スピードの出しすぎや急ハンドル・急発進をしないようにしてください。
同乗している人は、必ず手すり等にしっかりつかまり、足などを外に出さないようにしてください。


喫煙について

喫煙について

コースではティーインググラウンド以外では禁煙です。

楽しいクラブライフを

プレーヤーの皆様におかれまして、クラブライフを充実した、より楽しい快適なものにするためにはマナーやエチケットを守ることが最も大切であるということをご理解ください。 そして、常に他のプレーヤーに不快感を与えないよう、誰もが「すべての人に心配りと思いやりを持ち、自分には厳しく」をモットーにしていただき、一人一人が良きゴルファーとして「マナー・エチケットの向上」にご協力を賜りますようお願い申し上げます。